諫早湾干拓フォトレポート(8月3日〜6日)

▼サムネール(小さい写真)をクリックすると大きな写真がご覧いただけます。
回線の状況によっては、写真が表示されるまでに時間がかかる場合があります。
そのまましばらくお待ちください。

2002年8月6日
ノリ第三者委員会(東京)。
諫早干潟緊急救済東京事務所のメンバーが委員会への意見書を配布。
下の写真は会議の傍聴室。一般傍聴者はテレビモニターで会議を視聴する。
2002年8月6日
諫早湾防災干拓事業推進連絡本部が中央干拓地の森山ゲート付近に設置した看板。
2002年8月4日
NACS-Jの
「ありあけ大調査」で水質測定を行う市民ボランティア(佐賀県大浦)。
2002年8月4日
中央干拓地の前面堤防予定地。
2002年8月4日
諌早湾潮受け堤防付近から諌早湾口小長井・大浦沖まで帯状に続く赤潮。
2002年8月3日
佐賀県鹿島市で開催された第5回有明海・不知火海フオーラム。
有明海の異変、中、長期の開門調査、干拓工事を阻止する現地行動など、緊迫した状況のなかで、今何をなすべきか、熱い議論が交わされた。
2002年8月4日
有明海・不知火海フオーラムが開催された鹿島市の塩田川河口。
2002年8月4日
有明海・不知火海フォーラムの2日目。参加者はシギ、チドネットワークに加盟した佐賀県の干潟や、防災のための排水ポ
ンプ場などを見学。

▲フォトレポートのトップに戻る ▲ISAHAYA HIGATA NETのトップに戻る