有明漁民へのインタビュー(1999年3月〜4月収録)


この有明海沿岸の漁業者に対するインタビュー・ビデオは、ノリ不作が社会問題化する以前の、1999年3月〜4月に収録されたものです。
 調整池排水が佐賀県西部の鹿島港にまで流入してきたこと、佐賀県中央部の福富では締切り以降は(筑後川河川水が多く流れ込んできて)むしろノリが採れるようになったこと、島原半島南側沿岸では(赤潮などで)海藻類が一挙に消えたこと、スナメリが増えるなど有明海の生態系全体が変わったと感じていることなど、注目すべき証言がたくさんあります。

 有明海漁民インタビュー その1(約34分)

 有明海漁民インタビュー その2(約23分)

 有明海漁民インタビュー その3(約38分)

※このビデオは、諫早湾・有明海の漁業・環境問題に関わる関係者に限定して公開するものです。肖像権などプライバシーの問題がありますので、一般に向けての映像の公開、このホームページやビデオデータへのリンクはご遠慮ください。(ビデオの公開は5月末までで終了します)

※ビデオの視聴にはWindows Media playerのVer.9以降が必要です。

このビデオに関するお問い合わせ先
諫早干潟緊急救済東京事務所
〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3−11−4 パレドール目白205
TEL/FAX 03-3986-6490 E-mail isahaya@khc.biglobe.ne.jp
http://www2s.biglobe.ne.jp/~isahaya/